厚生労働大臣

江成道子

所信表明

ウーマン厚生労働大臣の江成道子です。

 

「子育てと仕事の両立のしやすい社会へ」をスローガンに、一人一人が自立しながら、支え合うという、他人を思いやることで幸せを感じられるような日本に戻していきます。依存ではなく、自立を促す支援の確立。ここは女性の得意とする「包み込み育てる力」を大いに活かしていきます。家庭だけではなく、社会でも、この「包み込み育てる力」を活用し、未来がみえにくくなっている若者へ、希望を届けていきましょう。

 

数値的目標での判断だけではなく、感覚的な結果も重んじ、感覚的な結果に対しても指標を設けることで、“強く優しい心”と、“チャレンジする精神”を育て、幸福度の高い国へと変化を続けていき、それが日本経済にも大きく影響を及ぼすことになるでしょう。

 

支援=過保護に守ること、を、支援=一人一人の人生から不安を取り除く、へと考え方も変化させていきます。

 

これを実現するために、子育ての経済社会への重要性や女性の特性を活かす方法を、啓蒙する活動を。女性側にも社会性を持つ、育てる、という教育を施し、老若男女問わず、「子育てと仕事の両立のしやすい社会へ」の意識向上を目指します。

 

貧困、虐待、少子化などの課題は、日本人の意識へフォーカスするしか解決方法はありません。数値化できないことですが、しっかりと指標を作ることで、チャレンジを続ける、必ず社会に必要とされる人が増えていきます。

 

それには幸福度を上げていくことは必須となります。

 

ぜひ皆様のご協力お願いいたします。私の意見に賛同頂ける方は、1票クリックをお願いいたします。